2010-10-17から1日間の記事一覧

『十三人の刺客』

1963年に公開された工藤栄一の名作時代劇を三池崇史がリメイク。今回一番期待をしていたのは、やはりオリジナルでスガカンが演じていた暴君・松平斉韶役。小学生にして時代劇マニアだった自分にとって、水戸黄門で初めてスガカンを見たときは電気ショックを…