同学年という慰め安堵

え―!!岡田将生って年下なのね…2つも!!ポッキ―のCMが素敵だったけど、こうしてどんどん年下が出てくるんですね。数年前までは知らなかった感覚です。…今日、明日のスペイン語テストの勉強と気分転換も兼ねてスタバに行ったのです。スタバは好きじゃないけど、自宅よりは集中できるし、ちょうど家で『スタバではグランデを買え!』の広告が目に入ったので(笑)そしたらね、中学生の初々しいカポ―が来たわけです。ここで微笑ましさを感じたらお終いだ!!、と思いつつ目を細めてる自分って一体・・・ナンテ一人ツッコミしているうちに、気がつけば自分の中学時代まで振り返ってしまいました。(以下、中学時代回想録)



『ちょっと待てよ。私が中学生の時に、素敵ボ―イと一緒にスタバなんて考えられなかったぞ・・・なんなんだ、あの爽やかさは!! 私なんて中一の時は・・・一緒のグル―プだった女の子達が今で云う腐女子系で、交換日記に段々付いていけなくなって、挙句の果てには"同人誌書くの手伝ってくれない?なんて頼まれたっけ・・・もちろん断ったけど、あの時あの女子達と共に傾倒していったら、私の人生も随分違ったろうに。中ニでは、あんまり良い思い出ないし、中三では気になる男の子が居たけど、ライバル(?)は常に男子で、今思えば明らかに彼の行動もゲイっぽかった・・・ガックリ。友達が拾った、東京フレンドパークのはずれタワシみたいな捨て猫を飼い始めたり、一人で映画を観に行き始めたのも中三だったなぁ。生徒会に2年間所属して全校生徒の前で生徒会は所詮カタチだけのものですけど、頑張りますとかほざいて叱責されちゃったり、トミカとか妖怪フィギュア集めだしたり、根暗人間まっしぐらだったっけ・・・イタタ』



・・・と考えてるうちに時間が無駄に過ぎてました。気が付けばカポ―も消えていた・・・(汗) 店内のBGMはJames BluntやらIron&Wineやらで素敵でした。



蛇足ですが、最近の政界の動きは何が起きるか分からないですね。一日ニュース・新聞を見なかっただけで、取り残されます。目が離せない…って、客観的に言い過ぎだけど、もはや何も期待出来ないので、国民が関わってる気がしないのが笑えるようで笑えません。(祖母は自民支持で、何だか「そら見た」と騒いでいます。地方出身の年配層は自民支持が多いと聞きますが、まんざら嘘でもないみたい?)



さて、統率者の持つべき資質って何なんですかね。

…んなことより接続法の活用と用法覚えなおさないと(汗)