焼かれたジンジャーブレッド

大学がお休みだとちょっと退屈ですね・・・今日、ふとそう思いました。部屋の片づけをしながらですが(笑)ところで、大学から届いた広報に先輩たちが就職活動について書いたコラムがあったので、ちょっと自分の就職について考えてみました。お金に執着してるわけでもないから(とはいってもある程度はガッつかないと、親に出世払いも出来ないし、福利厚生はしっかりしてて欲しい)、経営規模が小さいレーベルのバイヤーも興味があったんですけど、少し気になってる会社のバイヤーさんのMyspaceを偶然発見したので見てみたんですよ。いい歳してマイスペかよ、って思ったんですけどバンドとのやり取りに使用してるのかな、と。



生まれは日本、外国へ移住、中学あたりで帰国そして現在に至る・・・って感じだったんですけど、幻滅したのは『未だに典型的な日本人ってのが理解出来ない』って英語で書いてあったんです。何それ?って感じでした。『あ―そういうタイプ?』みたいな。お前こそ典型的な帰国子女じゃねぇか、と。むしろ「典型」ってもんはないんですけどね。自分の中で作り上げたステレオタイプのことなんだし。○○人ってどうしてもひっくるめたくなる時はありますけど、結局周りには、いわゆる「日本人の典型」ってもんに収まる人がいないんですよね。



  Flicker   Flicker   Flicker   Flicker 



まぁ、確かに日本人は『集団』になると、ある種のパワーが働く気はしますけどね。東南アジア行って買春も、一人じゃアレだけど、ツアーだったら"一緒に旅の恥はかき捨てちゃおうぜ〜"みたいな。あ、これは悪すぎる例でしたね、失礼。まぁ、私が言いたいことはそういう帰国子女とか「かぶれてる人」が多そうな業界は、ある意味しんどいかもな―って思いました。今はまだ「そういう人もいる」で片付くけど、仕事となると、そうはいかないでしょうし、相当ストレスフルそうだな。まぬがれ難い人間関係の不可避性ですね。あと『日本人がダメ』っていう人、おかしいって。1億2千万人ナメんな的な(笑)



自分、くだらないこといってるよな。 でも、ついついこういう人が気に障ってしまうんです。みなさんはどうお思いになるんですかねぇ…



♪今聴いてる曲♪

Scenario RockClub Cred

よく知らないけど、フランスのバンドですね。今をときめくJusticeとも関係してるみたいですけど、フランスのダンスミュージックシーン(?)とは全然違う感じ、インディポップ風味です。新作は2月20日発売だとか。Myspace、あとSony Musicページ