断固反対掲げるほど素直じゃないし

捕鯨船に劇物投げ侵入「シー・シェパード」は「テロリスト集団だ
(J-Castニュース)



春休みになって書き過ぎ?暇ってワケでもないんですけどねぇ…あ、捕鯨のことが前から気になって仕方なかった。以前、旧ブログでイルカの捕獲について勝手に一人で盛り上がってたことがありますけど、やっぱりこういうニュースは気になる。私は捕鯨賛成と反対で大きく揺れ動いている派で、今回テロリストが乗り込んでくることには驚かなかった。というか、時間の問題だったんじゃないかっていう。ここ最近、捕鯨反対で有名だったグリーン・ピースも名前の通りピースフルになろうとしたのか、メンバーが鯨肉を食べる映像がYoutubeで流れてちょっと話題になるくらい捕鯨派へ歩み寄る姿勢を見せてたことに私もちょっとビックリしたんだけど、今回騒ぎを起こした「シー・シェパード」はそのグリーン・ピースから内部分裂してできた過激な集団で、きっとそういうグリーン・ピースの姿勢にもやきもきしてたんじゃないかと思う。確か和歌山県にもイルカ捕獲反対に関してシー・シェパードは文句言ってた記憶があるし・・・だからって武力(テロ)をもって日本捕鯨船というテロ組織を制するってか。



J-Castニュースをあえてリンクしたのは、コメントが気になったから。あ意外と日本の捕鯨を養護じゃないけど、テロリストだけを批判する意見が多いみたいですね。当然、オーストラリアはテロリストに肩入れするに決まってんだろぉ― だって日本の捕鯨船のせいでホエール・ウォッチングの産業が台無しなんだから。経済的にも大損害だよ。(ホエール・ウォッチングの船と間違えて友好的にやってきたクジラが捕鯨船に捕えられるのは何とも言えない話だ) おまけに日本も「調査捕鯨」なんて胡散臭い名前のもと、特別にお許し食らってんだから、謙虚になって当たり前だろう。だからってテロリストを面倒みよくしてるのは何だかなぁだけど…第一、そんなに需要もないのに日本がこんだけ捕鯨に拘ってんのは、絶対怪しいやり取りが裏で起こってるくらいのことは予想は立てないと。そういう利害関係が働かないとこれほど大きな問題に発展しないだろう…鯨もイルカも、水銀が多く含まれて危ないって言われてるのに、食文化の尊重一点張り(結局、調査じゃないことは分かってるよ!!)では日本もやりづらいんじゃ…オーストラリア側の政府も色々関係してるみたいだし、過激な行動に取ったテロリストのことより、他のことが気になって仕方ないです。もうちょい勉強したいと思います。ぶっちゃけちゃえば、私は日常から鯨肉が消えても何も困んないし、鯨が好きだから反捕鯨派寄りなんですけどね。ただテロリスト寄りではない(笑)まぁ・・・乱獲じゃなきゃ良いんじゃなかろうか。



♪今聴いてる曲♪

Band Of HorsesMarry Song