密やかな午後の楽しみ

みなさんは、長期休暇の楽しみの一つと言えばなんでしょうか?まぁ、一つか二つしかないですよね。「いいとも」を心置きなく見て*1、そのあとの「ごきげんよう」で今日の小堺一機はどうかな?とチェックする。そして、なんといっても昼ドラこそが一日の醍醐味!! もちろんフジテレビのです。今ちょうど放送している『安宅家の人々』が私の中で秘かなブームになってるんですよ。昼ドラにハマるのは遠山景子上原さくら主演の『偽りの花園』以来です。昼ドラ好きには当然お分かりかと思いますが、『偽りの花園』は昼ドラヒットメーカーの脚本家中島丈博(『真珠夫人』『牡丹と薔薇』)の手腕が存分に発揮された作品で、つい最近録画ビデオを見返して改めてその魅力を噛みしめていたところだったのですが、最近見始めた『安宅家の人々』は従来の昼ドラにありがちなドロドロではなく、人間ドラマを追求した作品になった・・・と思ったら結局ドロドロなんじゃん。って感じのお話です。

あらすじはここを見ていただければ良いと思いますが、主人公の安宅久仁子を演じるのは私が小学校の頃、ゴールデンでもよく見かけた遠藤久美子タン。久々に演技してるのを見てちょっと感動しました。そして久仁子が愛する知的障害を持つ夫宗一を演じるのは内田滋(シゲ)サンという男優さん。最初は『え―ちょっとどうなの…?』とハラハラしていたのですが、知的障害者の恋愛という難しいテーマにあえて挑んでる昼ドラの度胸も助けて、最近ではファンになりつつあります。宗一が本当に純粋でね。インタビューでも内田さんは『可愛くチャーミングに見えるように心がけてます』とのこと。

ああ、なるほどね、こちらもついほのぼのしてしまい…そうになるところにドロドロが!!(笑)悪役は宗一の兄である譲二一人だけで、割とシンプルな設定。途中から見た私でも関係図が分かりやすかったのですぐ入り込めました。(入り込んじゃったんかい) ア―ンド、東海テレビ公式サイトでは譲二と宗一の日記まで読めちゃう!!これが交換日記だったらもっと面白いのに。

ちなみに吉屋信子の原作では主人公は養豚場を経営しているはずなのに、ホテル経営に変わっています。確かにブタさんがブーブー言ってるのは昼ドラに合いませんからね。なので原作とは切り離して観た方がいいと思います。昼ドラは往々にしてそう言う傾向にありますしね。いや、でも面白いんですよ。これが。あなたも是非 『安宅家の人々』を!!フジテレビ、月〜金1時30分からの放送です!!

♪今聴いてる曲♪

Young LoveTragedy

この曲だけどうも、声がイエモンの吉井さんに似てるように聴こえるんだよね―たぶん、似てる声質なんだろうけど。吉井さん大好きですねぇ…めちゃめちゃカッコ良いですよ、実物。オーラが違ったわ。渋谷で御本人を見かけたことだけが唯一私が出来る自慢話。

Too Young to Fight It

Too Young to Fight It

*1:実際は全く見たことがありません。観覧者として見たことがあるだけ。