サマータイムマシン・ブルース



おととしの公開時に、見たいと切望していたにもかかわらず、地元では公開しないし、尻はなにぶん重いので結局観ないまま終わってしまった映画だった。フジテレビの深夜番組でまさかこんな季節はずれな時期に見るとは思ってもいなかったけど、夏の蒸暑いときに観るよりは幾分寒さとバランスがとれて良かったかもしれない。



もとは劇団ヨーロッパ企画の舞台だったものを映画版にしたこの作品のストーリーは知っている人も多いと思いますが。簡単にいえば、灼熱の太陽がサンサンと輝く真夏の校庭で野球を楽しんだとある大学のSF研究会のメンバーが、エアコンのリモコンを壊してしまい、パニックに陥っていたところ、突如として登場したタイムマシンに乗って昨日に戻り壊れる前のリモコンを取り戻そうとするが、おバカでお調子者の面々が次々と悪ふざけ(いや本人達は悪いとはこれっぽっちも思っていない!!)と起していく、というもの。



タイムマシンには25年後の世界からやってくる青年が乗っているのだけど、一見数十年も昔から現れたんじゃないかと思ったくらいイモいマッシュルームカットの出で立ちに、話し言葉はなんだか古臭いという設定には驚いた。というか笑ってしまった。さらにタイムマシンをどう使うか色々と考えた末に壊れる前のリモコンを取ってくるという発想があまりにもバカバカしくて最高だった。(だから映画を観に行きたいと思ったんだけど)



あまりにもバカバカしい連中が巻き起こす、タイムマシンという永遠のロマンを使った規模のちっさい大騒動がテンポよく進んで、気持ちが良い。勢いがあって、飽きさせない。まぁ、途中あまりのバカさにイラッときて、『お前どこまでバカなんだよ!!』ってその場にいたら、与座の胸倉つかんでたかもな―とか思いました(笑)与座は私の大好きなお笑い芸人ホーム・チームの片割れで、ヴィダルサスーンの人ですね。まぁ見れば分かるさ、と(笑)ここ数年は俳優としての活動が目立っていて、『魁!!男塾』にも出てます。



終盤には、親切丁寧な解説付きで、ちょっと混乱しがちな交錯した時間を整理してくれてありがたかったです。というか、この映画で語られるタイムマシンの理論やら異議やらありえなさ」ってもんにケチをつけるような不寛容な人は、何故観たのだろうと思うような感じ。H・G・ウェルズの創造した「タイムマシン」の概念を愛するならば、観なければいい。多分、自分の好きなもんをコケにされてるみたいな気持になるだろうから。でも普通に面白いと私は思いましたね。劇場で見ても後悔はしなかったと思います。ラストに、校庭で真木よう子演じる伊藤が、『結局時間って・・・』みたいに余計な講釈を述べるシーンはいらなかった。馬鹿臭く、ちょっとナメられてるみたいな妙な気分で。オチは良かったけど。夏にまた観たい感じ。



♪今聴いてる曲♪

The Secret Handshake 『Too Young

色々CDは買ってるんですけどね…(でも今月はナントまだアルバム1枚!! 先月20枚超えたしね〜)段々CDのビニール包装を破るのが何だか億劫で(本来ならば一番トキめく瞬間だというのに!!)持ってるのだけのんびり聴いてます。いや分かってるよ。多分itunesに入れているのにipodを持っていないというのが問題なんだ(笑)