塗り替えられた壁

Figure 8

Figure 8

昨年8月28日、Elliott Smithのアルバムで使用された壁が無残にも落書きされましたよね。あれから約半年経った先月末、再びあの壁に落書きをした人がいました。また怒りをブログにぶつけるのもなんだから、書かずにいましたが、またしても心が折れた想いでした。大きく書きなぐられた汚らしい文字により、紺・赤・白の美しい曲線のほとんどが見えない状態となってしまい、かつてElliottが前に立っていたとは思えないほど凄惨な姿でした。(写真はこちら)しかし、ロスの地元ウェブサイトLAistで、もはや誰も気にとめないのだろうか?と苦言したところ、すぐ修復作業が行われ塗り直されたのです。(作業の様子はこちら)

ファンたちが書きこんだ愛あるメッセージも消えてしまったけれど、あのような酷い状態よりもずっとずっとマシですよね。8月に落書きされた写真を見た時は、怒りがこみ上げる以上に哀しくて、こういう卑劣なことをする人がこの世にいるってことくらい分かっていたのに、遣り切れない痛みが全身に走って、ゲロ吐きそうなくらいでした。写真を見ての通り、今ではElliottが前に立っていても不思議でないくらい元通り。これでElliottが還ってくるわけじゃないけれど、なんだか心が穏やかになったような気がします。でも、また落書きされちゃうのかな。その時はまた塗りかえれば良いのかな…そういう問題じゃない気がするけど、今はこの状態が少しでも長く続いてくれることを願っています。気休めかもしれないけれど、Elliottが大好きだから。

♪今聴いてる曲♪
Elliott SmithEverything Means Nothing To Me
そういえば、Elliottの声を聴くのは久しぶりかもしれない。本当にこの美しさは、涙なしではなんとやら…です。