殺されないかも

危うく忘れかけムードのBoy Kill Boyのシングル「Promise」を聴いてみたところ、予想以上に良かった…けど、このバンドのピークも結局1stアルバムなのかな(特にシングル「Suzie」)とか非情なトレンドの波を現実的に考えてしまいますけど。2008年のミュージックシーンがどうなるかって何となく考えた時に、Boy Kill Boyみたいなバンドも路線変更するのかと思いきや、キャッチネス等の良いトコ据え置きで、大きな変革もなく逆に好印象です。変態っぽさが減ってスタイリッシュなタイトさが身に付き、それでいてポップさ増しなので、前作のファンなら買い。とか言いながら私は1st買ってないんですけどね―…ファンの間では新譜も評判がいいみたいだし、最近のギグもソールド・アウトが続いているし、ひょっとしたらひょっとするかも。

ところで、彼らはデビュー時Kaiser Chiefsと比較されてたんですか?個人的にカイザーって全然好きじゃないんですよね。本当に最初の頃だけ良いと思ったけど、それって結局本当に良いと思ってたんじゃなくてメディアが「良い」って散々言うから刷り込みみたいに思っていただけだと今は思います。ポップだと思うけど、小太りヴォーカルの歌声がまず好きになれない。訛りが好きじゃないのかも…結構、訛りには好き嫌い激しい方です。確かに耳触りは良いし、キャッチ―だけど、アルバム買って3回聴いて売りました。好きな人の気持も分かるけど、私には向いていなかったんだな、と。Boy Kill Boyも2006年の時点では、そういうメディアや音楽ファン(マニア気取りのとか)が良いっていうから、それなりに良いと思っただけかもしれないけど、改めて聴いたら結構好きな感じでした。というわけで、がんばれ。WebsiteMyspace

Stars & The Sea

Stars & The Sea

Promises

Promises