最近の安宅家

私が旅行中の間も母親が娘代行で欠かさずチェックしてくれていました。つくづく素晴らしい母親ですね。

ところで、先週の安宅家当主宗一さんは雅子が譲二との離婚によって安宅家を去ったあと、人格が崩壊したかのように放心状態だたのですが、久仁子の涙を舐めとる(!)シーンではまるで別人のようにエロチックでしたね!!その後の昼ドラ的展開も驚きましたが…

それはそうと、遂に譲二が物語のなかで空席となりつつあった「悪役」の座に堂々と座り始めてからしばらく経ち、異常な程に舌滑の良い口調で奴隷となった久仁子に「命令」をしますが、強気な影では男の弱さ爆発。情けなさと自己欺瞞の炸裂。観ていて、少し可哀想になりながら母性本能の開花を自覚する…ほど、私は情緒で動く人間ではないですけど。

譲二と雅子だけでなく、久仁子と宗一の夫婦関係も脆弱さが浮き彫りとなりました。なんと婚姻届が提出されていなかったのです。宇田川のお父ちゃん、心臓に悪いよ!!

久仁子が譲二に頼まれ雅子に渡しに行った離婚届。それを手に取った雅子は「これを譲二からのラブレターだと思うわ」とこちらを困惑させる発言。都合良く考えて傷を浅く済ませたい気持ちは分かりますが。

そんな雅子に、安宅家に戻ってきてほしいと頼む久仁子。『雅子さん…結婚してくれませんか?』と、性差を超えたプロポーズを久仁子が言ったかと思い度肝を抜いていると、その後に『…宗一さんと。』と続いたので心底ホッとしました。

いや、しかし結果的にこの4人を解決する方法がスワッピングという名の自己犠牲愛だったとは…驚きです。さて、次回予告では久仁子が譲二にプロポーズされ、夫婦交換成立かどうか!?クライマックス近づく、今後の展開から目が離せないですね。