一人っ子失敗作

更新がまた遅れてしまいましたが、25日に無事、21歳となった私です…21歳かぁ。まぁ、10代が終わった時ほど、気落ちはしませんでした。あ、プレゼントは年内無休で受け付けております☆(キラ)

周りの人には大抵、忘れられちゃうんですけどね。4月だとみんな忙しいみたいで、『あれ?しゃもじの誕生日っていつだったっけ?え?4月25日?過ぎちゃってるじゃん―』的なくだらない問答を、ほぼ毎年繰り返しています。別に良いんですけどね、むしろみんなより早く歳を取ってる気がして、損な感じ。

一人っ子ということもあり、両親からは未だ毎年お祝いして貰えます…一人っ子、ってことが自分のパーソナリティの形成に一番大きな影響を与えていると、思うんですよね。小さい頃は兄弟が欲しかったけど、今はそんなもん微塵も欲しいと思いません。甘やかされた、といえば…否定できないかも。でも、私が小さい頃は親も厳しい方だったとは思います。お小遣いも並(以下?)、買い食いも出来ないかったし、父親の権力は常に絶対で…。逆に、私も親にモノをねだることも滅多になかったし、親の手の中に収まっていることに反発も抱きませんでした。結局、私の意思を咎めることなく、一番に尊重してくれていたのが分かったからかも。

良い親って、子どもに対して制限を設けずに、子どもを操縦できるんでしょうね。勉強しなさいって言われたことないから、逆に『期待に応えるために』勉強するんじゃなくて、『自分のために』勉強出来た。まぁ、私は努力が大嫌いなので、しないときは徹底的にしないんですけど…。それも全部ひっくるめて『あんたの自己責任だし』って放棄してるようで、見守ってくれてるんで助かってます。

ここで言ってるのは、母親のことだけなんですけどね。父親は、また別…嫌いじゃないけど、まだ上手く付き合いづらい人です。でも、私のことを一番に考えてくれてるのは分かる。まぁ、これから恩返ししよう。

正直、他の子と比較しても、私ってまだ子供だな、と思うことがたくさんあります。毎日、恥ずかしいと思ってます。弱っちぃし、すぐいじけるし、強がりだけは人一倍で、勝てる保証もないのに、負けず嫌い。そのくせ自分に負けた時の言い訳を、考えてたり。言っちゃいけないこと、すぐ言うから自己嫌悪に陥ったり…何より素直じゃない!!

しかも部屋は空き巣に荒らされたみたいに汚いし、20cmの距離にあるゴミ箱の中にゴミ入れないし、ピアスは必ず片方無くすし、友達の名字も忘れちゃうし、トイレもドア開けっぱなしで入るし…全てにおいて致命的です。

だから、いつも『私の子育て、どこで間違えたんだか』と母親に言われてます。この間なんて、母親がうちの猫(タリ)を抱きあげて『タリは良い子だね―♪猫育てはこんなに上手くいったのに、何で子育ては失敗したのかなぁ―』と私に聞こえるように、猫に話しかけていました。あんまりだぜ、おっかさん…。

こんな失敗作の私ですが、欠陥品なりに性能を上げていきたいと思います。