先生、いくつ?

来週の木曜日、Foalsのライブで塾のバイトに行けず、いつも見ている高3の日本史を見てあげられません。だけど、テスト間近なので、代わりに摂関政治までのキーワードと天皇の略歴をまとめて、プレゼントしてあげます。私ってばイイヒト〜!…じゃなくて、お休みをいただく代わりに責任取るだけなんですけどね…。

Foalsのライブもちょっと面倒くさいって言うか(毎回ライブのこと面倒くさいって言ってますね)、渋谷ならまだしも、恵比寿なのがかったるいんだよな―…渋谷でガス・ヴァン・サントの『パラノイドパーク』を観てから行く予定なので、間に合わないかも。やる気ねぇなぁ…行ったら行ったで絶対楽しいと思うんだけどさ!

話がズレますが、塾の生徒は慣れてきたりすると、或いは過剰に馴れ馴れしかったりすると、授業中に
ねぇ先生っていくつ
と質問してきます。
こういう失礼な質問に私はこめかみに青筋を立て、声にドスをきかせ、メンチを切りつつ、カッターナイフをチラつかせながら
ははは、15歳に決まっているじゃないか
と有無をも言わせぬ迫力で言いたいところなのですが、結構正直に答えちゃうタイプです。最近だと
あぁ…ついこの間、21歳になっちゃったよ…』
としょげた感じで言います。とにかく、21歳って「ハタチ」より言いにくい。
そうすると、大体の生徒は屈託のない笑顔で『本当に!?まだギリギリ19歳いけるよ!!』と残酷な現実を突きつけてきます。そして私が『マジ?そっか高校生までは無理だよねぇ〜』と、ちょっと喜んで調子に乗って言うと
いや、高校生は無理でしょ
と冷静に切り返してきて、またしても超えられない厳しい壁を突きつけてきます。まぁ、この『ギリギリ19歳』に最近満足しちゃってるから、年取ったってことかな―!わはは。

でも、この間中学生の女の子に『21歳?見えない!先生、カワイイ』って言われて、どうせからかわれてるって分かるけど、真っ赤になっちゃいました…本当に恥ずかしがりなので、動揺しちゃって耳まで真っ赤になって、背中に汗かいてくるんですよ。キモいです。しかも何故か『何言ってんだよ、お前の方が可愛いぜ』とセクハラ王子に変身。

一方、失礼で命知らずな男子生徒は『30歳いってるかと思った』とか『化粧してると肌に負担かけない?』と容赦ないことを平気で言ってくるので、私も『お前だって、そのうち頭ツルッパゲになるんだよ』と返す…子供の喧嘩みたいです。

でも最近で一番イラっと来たのは、中一の女子に『先生、誕生日いつ?』と先月聞かれ『あぁ、来週の25日だよ』と答えたら『マジで―?え、ってかうちの彼氏と同じなんだけどぉ―プレゼント何にしようか悩んでるんだよねぇ―、財布にしようかなって思ってるんだけどぉ、先生はどぉ思う?』と、全く一切質問してないのに勝手に話を展開していったことです。最近の子って…ねぇ、こんな感じですよ。ったく…チッ…ブツブツブツ。

♪今聴いている曲♪
Taking Back SundayError: Operator
最近またよく聴いてる。TBSは実際の演奏速度とは別の意味で、スピード感がある曲を作るっていう面で本当に長けているバンドだと思う。一番、疾走しているイメージが彷彿されやすく、常に何かに駆り立てられるような焦燥感に溢れている。この激情が、次の作品でどれだけ保てるのかな―…

Louder Now: Partone (W/Dvd)

Louder Now: Partone (W/Dvd)