夕立とノスタルジア

最近全く更新してませんでしたが、記事は書いてました。パソコンに触れる時間がないぶん、電車での移動時間にポチポチ書いたりして。なので、日付と実際の時間にズレがあります。まぁほとんどの人は気にしないよね。

国際会議について書くテストについてですが、洞爺湖サミットは議長国日本のしまりのないKY進行が続き、懲りもせずセクター別アプローチをアピールするも非難GOGO、しかも自慰満足自己満足NGOも相変わらず、結局何も結果を出せないまま閉幕…という最悪過ぎるシナリオを鬱々と書いただけになってしまいました。批判的に書いたってことで良いんですかね…。でもラストは勝手に日本の自然エネルギー事情に暴走して、脱線してしまいました。やっぱり授業中に書くレポートは苦手です。その場の思いつきで書きすぎてしまう。しかもタイトルを書き忘れたことに、いまさら気付きました。もはや壊滅的。

環境対策をEUが意地でも主導したいというあざとさが常に見え隠れして、いやらしいなぁとか思います。競い合うもんじゃねぇだろ…お互いに監視しあう必要はあれど。どいつもこいつも、一刻を争う…って何年前から言い続けてるんですか、ドアホ。これからはどれだけGDPが下がったかを自慢しあったら良いんじゃないですかね。アラ、極論。まぁ人間なんて歩く矛盾ですからね。

話は変わって、身近な環境について。
以前は頻繁に見かけたカエルを最近全然見ません!以前は夜に庭を歩いていると、足元で何かがグニャっとなったと思ったら、ガマガエルだった、なんてことがありました。殺してませんよ、軽く踏んじゃったけど意外と丈夫みたいです。まさかツボカビ症…?と危惧してたんですけど、よく考えたら庭に2つある大きな瓶(かめ)に藻が絡まりすぎて、カエルがいたとしても産卵出来る状態じゃなくなっていたことに気づきました。でも、私の住んでいる区域でも庭に池があったり、うちのように瓶があったりする家は少なくて、そりゃトンボとかカエルみたいに産卵や成長に水を要する生物は減るだろうな―と思いました。
うちも戦前は大きな池があったみたいなんですけど、空襲で潰れてしまったようです。平塚は1945年に大空襲が起きてるんでね。そのおかげで、といっては語弊がありますが、私が住んでいる地域は道路の整備状態は良い。だけどその分、失われた自然も大きいんだな、とか思いました。

こんな私でもいろいろ考えてるんですけど、おいしい食べ物が目の前に出現したりするだけで、一瞬で忘れてしまいます。それはそれは素早いです。ますます自分の間抜けさを痛感しますが、それもおいしい食べ物が出現すれば忘れてしまうことに過ぎません。では、とりとめのない日記でした。

♪今聴いてる曲♪
Death Cab For Cutie Title and Registration
サマソニのチケットまだ買ってません。観たいけどDCFCは観れないな…新作はまだ聴いてません。Youtubeで新曲だけ聴こうとしたけど、イントロが長すぎて挫折しました。CDでなら聴けると思います。

TRANSATLANTICISM

TRANSATLANTICISM