資本主義の豚

最近、大学の教室が寒すぎて、半袖で登校すると全く授業に集中できないです。おかしいんですよ、この時期で冷房入れているって。我が家にはエアコンという高度な空調機器が存在しないので、私も昨年の猛暑を生身で越えたことで人間として一回り大きくなった気がします。ひとつの「修行」を経験した、とでも言うのでしょうか。いい加減、この貧しい生活から脱したいとも思いますが、先日父が渡米して思わぬ出費がかさんだので、もちろん贅沢品はおあずけです。

そんな父も、久々に家族と再会すると太っ腹になってしまうようで…というか、アッチの親戚が金を無心してくるので、余計にポンポンお金が出ていったようです。特に、叔父のJoe氏の金喰いぶりときたら、こちらの殺意もMAXです。

Joe氏は昨年心臓の移植手術を受けており、コスタリカ人の心臓を貰ったのか、手術後にコスタリカの料理を突然食べたくなったという逸話を聞いたことがあります。本当にどうでも良いんですけど、ふとコスタリカ人が可哀想になりました。そのJoe氏ですが、うちに100万ほど借金をしています。『カリフォルニアからフロリダ(祖父が住んでいる)に行くから引越し代が要る』という理由だったので、兄想いのお人よしである私の父は少し悩んでから叔父に100万貸しました。しかし、どうも風が運んできた噂では、叔父はその金をベガスで散財してしまったということです。なかなか面白いブラックジョークですね。

そして先日、父がフロリダにある祖父の家に行ったら、また例の叔父から連絡がありました。どうやら久々の再会を希望してレンタカーに乗って祖父の家を訪れたいとのことです。しかし、そのレンタカー代がない。貸してくれ。というのです。のたれ死ね鼻糞野郎、とも言えないので父はまたお金を貸しました。いくら貸したか金額はちょっと聞いてないので分かりませんが。すると、しばらくして叔父がまた連絡をよこしてきたようで、一体何かと思ったら『ステーキハウスでお前が貸してくれた金を使った。何でレンタカー代を払ってくれないんだ。』とのこと。

…意味が分かりません。父は叔父にステーキハウス代は払っていないはずです。しかし、レンタカー代がお肉になってペロッと消えたというのです。アメリカンジョークもここまでくるとデリケートな大和魂の逆鱗に触れるってもんです。何でレンタカー代を払ってくれないんだ、ってそりゃお前がステーキ代に使ったからだろが豚小屋生まれの脳味噌豚グソ男!とは流石に言えないのですが、これには父も呆れたようです。(豚さんに対する冒涜にお詫び申し上げます)

そんな叔父も無事にフロリダの祖父の家に到着し、相変わらず容態芳しくない祖父をねぎらう…かと思いきや、自分の健康の話しかしないようです。『今まではコーラばかり飲んでたが今は水しか飲まない』『野菜も食べるようになったんだ』と言っていたようです。あと最近頭がオカシくなっていて、息子のKaiのことを『こいつはキリストの使いなんだ。聖者なんだよ。』と本気で言っているそうです。ちなみにこのKaiは言わずもがな私の従兄弟にあたります。

そんなKaiは空港で、もう一人の従兄弟であるMattに久々の再会を祝してハッパを渡そうとしたそうです。聖者も21世紀ともなれば、なかなかポップなジョークを繰り出すもんですね。ちなみにMattは軍隊に入っているので、当然受け取りませんでした。軍隊に入ってなかったら…受け取ってたんでしょうか?ちなみにMattは神奈川県の座間基地に所属してます。彼女は日系ブラジル人で、束縛ガールらしいです。今まではヤリ捨て向きのアバズレばかりだったようで、初めてステディなGFだそうです。どうでも良い情報でした。

色々、私の親戚だけど私から離れたところで起こってます。客観的に見れるので、興味深い話だと思って聞いてますが、みなさんいかがですか?巻き込まれたらゴメンですがな。フフフフフ…そのうち私の姪っ子である凄まじきメリケンモンスターガール、Morganちゃんについて書きたいと思います。お楽しみに!

♪今聴いてる曲♪
Grizzly BearHe Hit Me
もっとくらはい。私、M男ですから。

Friend

Friend