無題で失礼します

今日辛いことがあったので、慣れないなりにありのままの気持ちを書いてみようかと努力しました。目は泣き続けて、腫れています。声は張り上げすぎて枯れています。けれど、書ききった途端にエラーが起きて消えてしまいました。これほど自分の気持ちを、傷だらけな文章で書いたことはありませんでした。でも、消えてしまったものは仕方ありません。やはり人様には見せるべきものではなかったようです。見苦しいものです。けれど、わざわざしなくても良いような報告をここでしているのは何故か。馬鹿らしくも情けない甘えに、気付いていただけたら…まだまだ21歳の小童で、恥ずかしい話でございます。

8/9追記
もう平気もう元気。これからダークナイト観賞。楽しみ過ぎる。
8/9さらに追記
自分ってとことん単純な頭の構造してるんだなぁと半ば呆れ気味。まぁ自分のことなんだから、いくら呆れたって灰になる瞬間までこのボディ&ソウルなのだけど。私は心は折れやすいけど、単純なバネ仕掛けになってるみたいで折れっぱなしになってないし、どう間違っても自殺とかしないタイプだな。これは逞しさでもなんでもなく、ただ本当にシンプルなだけなんだと思う。凹んだら凹みっぱなしなところも何箇所かあって、ボコボコっちゃ―そうなんだけど。昨日のこと思い出しながら泣きそうになった今朝だって、ヤクルトに付属してある細いヤクルト専用ストローで飲むのが楽しくて、ヤクルト3本も消費しちゃったら元気になってる自分で幸せなんだなきっと。
※この文は短くまとめると『私は馬鹿』です。