死にぞこないの赤

塾の帰り道は、10時過ぎで真っ暗なのです。明かりのあまり無い通りなので障害物もよく見えなかったりします。唯一ハッキリ見えるのはコンビニ付近と、崇教真光の看板くらいです。ちなみに最近、少し寂れた商店街にあるビルの3階くらいに「幸福の科学」があることに気がつきました。意外にもカルティックな地元です。

そんな冗談はさておき、家まであと5分ぐらいというところに巨大な仏具店があって、その目の前の信号に短い確珍犯、ではなく短いポールがあるのです。その一部のポールとポールの間に鎖があるのですが…

真っ暗だったのでその鎖がよく見えず、見事に突っ込みました。ええ、それはそれは見事に…前輪が鎖に引っかかって、漫画みたいに道路にポーンとぶっ飛びましたよ。ジャッキーのNG集も真っ青ですよ。一回、宙に浮いて足がチャリンコに引っかかって骨折。あらぬ方向に曲がってましたからね。肩も打撲。腕も骨折です。全治2ヶ月だとか何とか…危うく車に轢かれるところだったのでそれだけでも避けられて良かったです。通行人のみんなは無視するのかな―と激痛に襲われながら冷静に考えていたんですけど、意外にもすばやく何人か集まってくださってすぐに病院に行くことができました。盗んだバイクどころか自分の自転車ですが、そんな人の優しさを学んだ、21の夜。


…という妄想をしてみたんですけど(ゴメンナサイ)、本当に鎖はあるんです。で、本当に突っ込みかけて、免れました。気をつけないとな―夜目がきかないからな―。信じちゃった人、あなたはまだ心が純粋なのです。気がつけてよかったですね。

おしまい☆どきゅーん