壊れかけのクラリネット

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

オーパッキャラマオ!パッキャラマオ!パオパオパ!こんばんわ、しゃもじです。

父親の友人が、昨日休暇で来日して、『ロスト・イン・トランスレーション』を地でいってるらしいです。彼は結婚して子どももいるというのに一人で旅行しているんですけど、来日前は父親との再会を楽しみにしているようでした。そんな楽しい思い出作り計画が大幅に狂ってるらしいです。

原因はもちろんその友人。ま―こいつが厄介で!何がって、異常なほど神経質なのです。日本を文明が遅れた国だと思っていたのかトイレットペーパーまで持参しようとしていたそうです。ただの馬鹿だろって思うんですけど、これが超がつくほど『エリート』だそうで。誰でも知ってるあの機関(ジャック・バウワーもかつて所属)で働いているようです。あまりにもキナ臭い情報なので、私は彼がキィチグワァウィだと思ったのですが、本当らしい。何か機関名も載せようと思ったけど、母親が『ちょ、極秘らしいから』だって。まじでか。つ―か、こんなブログまでチェックしてたら米国って恐ろしい国か、相当お暇な国ってことになりますね。いきなり更新ストップしたら夜道で抹殺されたと思ってくださいね―…ってそんなリスク背負ってないから。

とにかく、そんな友人が来てるわけなんですけど、とにかく「変」なんです。エリート意識がものすごく高いので、自分がそういう右も左も分からない状況に追い込まれてるのが気に入らないのか、日本に着いたとたんにボロクソに貶したらしいです。東洋人の顔も気に入らないらしい。…って、米国にもいるだろ。今更珍しくもなんとも無いだろ。まあ、大量に囲まれているのが気に入らないのかもしれないけれど。自分だってひ弱なきこりみたいな面してるクセに。

滞在しているのが東京で、父親の案内で渋谷をまず訪れたようなのですが、もうとにかく文句言い続けるらしく、気分転換に良い話でもしてやろうと父親がちょうど近くにあった『ハチ公』の話をしたらしいのです。するとその人は『おいちょっと待て。俺がいつお前にそんな話を聞かせろって言ったか?全く興味ないからやめてくれ。』と一刀両断。

…本当に友達なのか?ってくらい、冷酷になってしまったらしいです。今日も、一緒に呑みに行って少し酔った父親に向かって色々とプライドを傷つけるような発言を連発したとか。そして振り向かずに去っていってしまった友人の背中を見て、父親は唖然としてしまったようです。確かに、うちの父親はキャリアも給料も彼とは雲泥の差かもしれないけど…これは酷い。心の底でくすぶっていた劣等感も相まって、父親は怒りを通り越してヘコんでいました。私だって自分の父親を馬鹿にされて頭にきてますよ。その人に会ったら『そんなんだから奥さんとの仲も冷え切ってんだろ、この租チン野郎!』って言ってやりたいくらい頭にきてます。

そいつ、一日で数十錠もクスリをのんでいるらしいです。時差ぼけを治すクスリもあるんだってさ。普通じゃないです。色々と。2週間ぐらい滞在するようなのですが、そんなイカレポンチはとっとと帰っていただきたいですわ。ね?

♪今聴いている曲♪
Late Of The PierHeartbeat

Fantasy Black Channel

Fantasy Black Channel