女の子ってすこしダメな方が良いの

あ―あ、暇だなぁ…手持ち無沙汰だから油田でも掘りに行くかな。
あ、どうもすいません。独り言書いちゃった・・・セレブでごめんね、でおなじみのしゃもじです。昨日の男子ショートプログラムは観たのに、またフリーを観損ねてしまいました。でもジョニー、二位まで頑張ったんですね。相変わらず、キモかわいいです。でもゴミクソウジムシカステレ朝って、浅田真央ばっかり流すから疲れちゃうんですよね。あの子、私あんまり好きじゃない。(クラスメイト感覚で言ってみた)

まぁそんな話は置いといて。この間久しぶりに高校時代の先輩たちと飲みに行きました。私はマネージャーだったし、先輩達はなんとなく無条件にカッコ良いと思ってたんですけど、今回会ったら全くそういう気持ちがありませんでした。不思議なことに。去年会ったときもそんな感じだったけど。自分、人格豹変しすぎなんじゃないかってくらい、当時の感覚が蘇らなくて、歳を重ねたことを実感しましたね。ゆっくりと性転換している気がする。

浪人生が多いんで、一学年上の先輩で就職が決まっているのは一人しか居なかったんですけど、話聞いてて少し疲れました。『社会に出るとね、厳しいよ―』とか経験者らしい口ぶりで話すんですけど、お前まだ社会出て無いじゃん…就職決まっただけじゃん…っていうね。まぁ、私も黙ってないんですけど。

『もうお前とは飲みたくないよ―うえぇぇ―(涙)』だって。ヘタレが。私、何か言ったかな…女子大に入ると、男性に対して負けん気が強くなる気がしました。だからモテないんだよ…って思った奴、後でしばくからな。元々気は強いんですけどね。高校の時も学年一のヤンキーにも平気で口答えしてました。本当はチキンなのに!!本当だよ!!

そんな感じで、『もう会うことはないと思うけれど』と笑いながら言われつつ先輩達と別れましたが、例の就職決まってる先輩の友達が開催している自己分析セミナーに誘われています。自己分析セミナ―って…て思いながら、行くことを快諾してしまいました。第一ね、自己分析ってそんな大層なもんじゃないですよ。まともに生きてれば、やりたいことも出来ないことも出来ることも自ずと見えてきて当たり前だと思うんだけどなぁ。

思うんですけど、人間の思考能力って不自由なもんで、あまりにも既存の言葉に縛られすぎる。もちろん私自身もそうです。『自分探し』とか『自分を見失ってる』とか誰かが作った言葉で、自分の気持ちに名前をつけないとやってけない。察しの通り、私はそういう言葉大嫌いなんですけど。とにかく不安でしょうがなくなる。その点、うちの猫なんて凄いと思いますよ。しょっちゅういたずらしちゃって母親に叱られてますけど、クルミサイズの脳みそで必死に反省してるんです。言語に頼らず、感覚だけで。偉いなぁ。たまに反省しすぎて、おトイレに閉じこもるんです。放置したら、5分以上おすわりしてました(笑) 愛しすぎます。あれ、話ズレましたね。いつも以上にグダグダでお送りしました。最近、ブログにどう向き合えばいいか模索してます。というか単純にネットに接してないので、ネタがないのね!

追記:でも、矮小な言葉に収まりきらない感情をなるべく溢さずに言語化しようとするプロセスの意義を見いだせないから、暴力に出てしまうんだろうなぁと。その状況に応じた言葉が『ヤバイ』とか『ムカつく』*1しか出てこないのって、脳の退行らしいです。私の高校時代の日記に書いてありました(笑)

♪今聴いている曲♪
Anberlin 『The Resistance
友達がアルバムごとファイルを添付してきたんで聴いてます。本当はやっちゃだめなんだよ!!こういうこと(笑) ん―?メジャーっぽい感じですかね。ブレないけど、驚きとか感動に欠けるバンドだと思います。良い声してるんだけどね。

New Surrender

New Surrender

*1:あるいは『どんだけ』『パネェ』など