あの頃キミは若かった

Cult Classics - Series 7 Action Figures: Beetlejuice - Beetlejuice

Cult Classics - Series 7 Action Figures: Beetlejuice - Beetlejuice

前のエントリでは、グダグダと独り言のように書いてしまいました。長いので最後まで読んでくれた人がいるかどうか分からないし、私が心のうちにとどめておく以上の価値がある内容だとは思わないけれど、あまり人に弱音を吐けないタイプなので、自分の感情をここに書き留めておくだけでも許して欲しいです。というか不思議なのは『人に弱音を吐けない』と言いながら、実生活の知り合いの数よりもブログに書くほうが人の目に晒されるんですよね(笑)そしていろんな人に弱音吐きまくってることになる。う―ん、我ながら悪趣味だ。

それはそうと『レッドクリフ』を昨日観ました。友達と映画に行ったのは久しぶりだけど、そこそこ楽しめました。血しぶきが私好みです。よく血しぶきとスローモーションでアクションを誤魔化すことがあるけど、レッドクリフは馬もよく訓練されてて頑張ってたのでなかなか良かった。ぶっちゃけ三国志は、横山光輝のアニメをだいぶ前に見たことある程度の知識*1だったので丁寧なことにも助かりました。

あと一応伝承されているエピソードを盛り込んでるんだよね。だからか、ところどころ構成に不自然な箇所があった気がするけれど、きっと三国志ファン的には喜ばしい場面なのかなと思って寛大に。かなり長かった割に、ギリギリで退屈させないバランスの良さのおかげで最後まで飽きなかったです。やっぱり孔明先生のストラテジーを実写で見れるのは興奮するし、関羽張飛たちそれぞれの特技を生かしたアクションは『ありえね―』の連続で楽しい。この辺はもう既成のゲーム感覚で、三国志そのものが単なる歴史上の出来事以上の解釈がなされて成熟したエンターテイメントとして愛されているのを、ジョン・ウーも理解したうえで楽しんで作ってる感じがわくわく。あと周瑜に過剰に密着してる小喬の手つきのやらしさが無駄に気になったことくらいですか。セクシーなところがわざとらしいんですよね。もう少しベッピンなら良かった。

『ラブ・ファイト』は色んな意味でネタになるので後でじっくり?感想を。忘れていなければの話…『1408号室』と未だに観ていない『トロピック・サンダー』を早めに消化したいですね。あと『ブラインドネス』は良いんだけど、あと一歩感がすごいもどかしい。これも感想は後ほど忘れていなければ。

ビートルジュース20周年記念 特別版 [DVD]

ビートルジュース20周年記念 特別版 [DVD]

知らなかった!!こんなものが出てたなんてよ!!『ビートル・ジュース』懐かしい。幼稚園のとき、夕飯の時間にしょちゅう観ていました。テレビ番組よりも父親の趣味で映画を観る事が多くて、というか映画ばかり観ていて、その中でも『ビートル・ジュース』は大のお気に入りだったなぁ。何年も観てないので、クリスマス・プレゼントにでもねだってみたいです。アニメ版も収録されているらしいし。『バナナボート』のシーンが大好きだった。この頃のウィノナは可愛かったのに、今はどうしたもんだかね。

♪今聴いている曲♪
MGMT 『Electric Feel』
明日ライブです。楽しみだなぁ。一時の熱が冷めてきていたけど、ライブのために最近聴いてます。一番聴いてたの去年だしな。

Oracular Spectacular

Oracular Spectacular

*1:ほとんどキャラクター名と時代以外知らん