ほら、喋らない。

『ウォーリー』のCMは確かにかわいい。『うぉおぉぉりぃぃぃ』っていう変な鳴き声とか、ちょっとした仕草に見られるリアリティとか本当にすごいと思います。そもそも感情があるロボットという存在が虚構なのに、そこにリアリティを感じることが奇妙なのだけど、それは作る側と観る側の築き上げられてきた"お約束"で成り立ってる。

でも、CMで男性のナレーションが入るとクソつまんなく見えます。『ずっと一人ぼっち…』とかまぁそんな感じ。冷める、つ―かシラける。ナレーションじゃなくて、文字で良いのにね。昔から、動物番組とかで人間が勝手なアテレコ入れるの好きじゃないんですけど、それと同じ感覚でしょうか。まぁ私はしっかり自分の猫にアテレコして、勝手な都合の良い解釈でコミュニケーションを図ってるんですけどね。

まさか『ウォーリー』のCMを見て同じような嫌悪感を感じるとは思ってませんでした。日本的なんですよね、あのバカバカしさ。動きだけで精一杯ロボットの感情を表現しようとしたアニメーターに謝ればいいのに。誰もオーム見て『ムシゴヤシうんめぇ―!』なんてアテレコしないだろ。同じだよ。(違うか)

とにかく、あのCMを見ると胸糞悪くなって余計に映画を観たい意欲が削がれるしゃもじでした。ちなみに貼り付けた予告編はYoutube用で長めだし、ちゃんとウォーリーが『彼』として説明されているから別に問題ないんだけど。テレビでやってるやつだけですね。

♪今聴いている曲♪
The CureThe Lovecats
グレイテスト・ヒッツなんて買ってないけど、これも入ってるみたいですね。もうね、流行とかわかんない。別に良いんですけどね、ネクスト○○とか。あと大学の先生が私が聴く音楽は偏ってるみたいなこといったけど、ブログに書いた音楽だけ聴いてるわけじゃないんですよね。たまにAKBとか口ずさむよ?まぁそんな光景、ホラーだけど。

Greatest Hits (W/Dvd) (Pal)

Greatest Hits (W/Dvd) (Pal)