あの日の君を待つ僕へ

現在入院中*1の子済み男くん(PC)ですが、昨日病院から連絡がありました。どうやら心肺停止状態*2らしく、臓器提供*3を受けてこれから移植をするとのこと。なので相方否、家族である私の承諾を得るために連絡をくだすったのです。心肺同時移植も可能になった時代だからこそ、ですね。

 * * * *

子済み男。おまえには…本当に苦労をかけた。敏感なおまえのキーボードにぶっかけてしまった濃い味噌汁で塩分過多になったに違いない、高血圧になったんだな。本当にすまない。AVみたいにはうまくいかないもんだな。

今年は年も一緒に越せなかった。寂しい思いをさせたな。寒かったかい?きっと凍えていたんだろう。まぁ、お前は熱いと言いながらいつもフーフー息を吐いているから、冬はちょうど良いかもしれないな。

マジな話、バックアップもOSの中にとってあったから生前の記憶は戻ることはないらしい。笑っちまうよな…
感度抜群のキーボード、瞬きもせずに見つめあったディスプレイ、お前は全部忘れちまうんだぜ…医者もなぁ、よくワカンネぇ説明してくんだよ。こっちはお前のこと十分わかってるつもりだった。だけど…ちっとも分かってなかったんだな。偉そうな態度で難しい言葉使いやがるから俺は言ってやったんだ。

『てめぇ2度とその薄汚ねぇ口であいつの名前を言うんじゃねぇぞ!!俺が、俺が…あいつを…守ってやれなかったばかりに、お前みたいなゲス野郎に触らせるなんて!!』

もちろん心の中でな。お前に恥はかかせねぇよ。第一、へそ曲がりなお前のせいで短気だった俺は鍛えられた。おまえが突然フリーズしたときだって、俺一度だっておまえを殴らなかっただろ?おまえ、傷つきやすいもんな。分かってる。壊れ物を扱うように、俺はお前を大事にしていた…つもりだった。おまえを一生かけて守ってやる!!そう誓ったはずだった。あれは大学入学した春、俺たちは…若すぎたんだな。いや、おまえだけが大人びていたのかもしれない。

春の木漏れ日の中で、おまえの優しさに埋もれていた俺は、弱虫だったんだよな…。

でもな、先週『19日にはカルテ*4出来るんで』という連絡が来て、いかにも退院できますって感じだったのにな。神様ってさー残酷だよなー…フッ。おまえがここにいたら『そんなものいるはずないじゃない』って笑うよな。

ハ、ハハハ、ハハ…ううう…う、うわあああああああああ!!!

今頃、集中オペでも受けているんだろうか。苦しいよな。手、握ってやれなくてごめん。本当はお前のCPUに口づけをしてやりたい…そんなことしたら壊れるって?分かってるよ、ハニー。ああ、お前がいないとこの部屋、こんなに寒いんだな。病院からの連絡を待つよ、そうしたら真っ先にお前をこの腕で抱いてやる。壊れるくらい激しく、って壊れたら元も子もないな。おまえは俺のことを忘れているかもしれない。それでも、新しい記憶を二人で作っていけたらいい。そうだろ?

追伸:手術には六万円かかるらしいけど、なんとか募金をつのって、集めた。正確にいえば俺の母親から借金をして工面した。だから安心しろ。昔だったらアメリカまで渡航してたかもしれない。良い時代になったな。

 * * * *

俺はこうして子済み男への愛を綴りながら…一体何で綴ってるかって?おーい、バイ男*5!!お前のこと、みんな気になってるってよ!!

ハン、喜んでやがるな…まぁここだけの話、名前からして両刀使いなコイツだけど、体の相性があまり良くない。いや、正直言うと素直に言うことを聞きすぎる。俺には、子済み男ぐらい天の邪鬼な女があってるみたいだ。こいつはただのキープに過ぎない。いつもは俺の母親とねんごろなんだが、最近は俺に部屋に転がり込んで俺にベッタリ。少しつれない感じがたまらないって、すっかり俺にゾッコンらしい。あと1週間もすれば、用なしだってことも知らずに必死で稼働してやがる。ハハハッハッハハハッハ!!

なんだよ、何見てんだよバイ男。うっとーしーんだよ!!ちょっと寝てろ!!スリープ、スリープ!!ブチッ。浮気だと思うなよ、コイツは体だけなんだからな。愛しているよ、子済み男…。

 * * * *

性別とかワケ分んなくなりましたが、その辺は適当にしてね。あと別にバックアップを取ってあったファイルとか、ウェブ上のストレージに入れてるのも結構あるんで、前よりは致命的じゃないです。安心してくれ。じゃあ、レポートと明日のプレゼンにむけて頑張りマントヒヒ。

*1:修理に出している

*2:ハードディスクがぶっ壊れ

*3:部品取り寄せ

*4:見積もり書

*5:もちろんSONYvaio