『少年メリケンサック』

ストーリー

メイプル・レコード新人発掘部門のかんなは、会社退職予定のその日、動画サイトに投稿されたパンクバンド、少年メリケンサックに釘付けになる。イケメンギタリストがギンギンに弾きまくり、凶暴なパフォーマンスでファンを熱狂させているのだ。早速、バンドとの契約に乗り込むと、そこにいたのはイケメン青年ではなく、昼間から酔っ払ったオッサン。動画に投稿されていたのは25年前のライブ映像で、メンバーは50代になっていた!

オープニング、音楽活動も手を出しているクドカンならではの人脈を生かした顔ぶれのコメントに期待が高まる。

まずハイライトから触れてしまえば、宮崎あおいの演技。演じるだけでなく長年鍛えられた度胸を越えた『寛容さ』に感動すら覚える。ユースケ・サンタマリアに悪のりで胸を触られ、『おなら』発言連発、ユルカワなファッションからスーツ姿までコスプレで視覚的に楽しませてくれるだけでなく、チュッパチャプスをしゃぶるというアイテムを用いたクドカンの中2思考なノリのセクハラを受け続けている。勝地涼演じる彼氏との甘えたなバカップル絡みはまさに心境地開拓。思わずだんなの前ではこんな姿なのかと妄想してしまうほどナチュラルに演じてのける。

ここまで監督にいじられると『やらされてる』感が滲みそうなところを、彼女自身がハンドルを握っているのが良い。さらに田辺誠一演じるGacktとローリーを足して割ったようなアーティストや、ヒモ彼氏の寒いシンガーソングライターぶりは的確に揶揄が効いており、かなり笑える。勝地涼の適度な不細工加減が生きているしね。佐藤浩市田口トモロヲをはじめ、バンドメンバーの吹っ切れた演技も安心して楽しめる。

小道具に至るまで散りばめられた観客発見型のお遊びの楽しさも現場のノリが伝わるようだし、演出的な問題はさほど無い。ただ問題は段取りの悪さ。クドカン、脚本が本職じゃないのかよ…と。少年メリケンサックのメンバーの背景や、結成秘話など全てに『笑い』を盛り込みながら伏線を張って少しずつベールを取るので、あまりにも引きずり過ぎる。『パンク』であることを推したいなら、映画もスピーディーに展開させるべきだし、ズルズルと小出しにされても笑いにくくなるだけだ。タイトさが欲しかった。

さらに主人公が最後まで何故少年メリケンサックのネット動画に惹かれたのか分かりにくく、『なんとなく』ではあまりにも説得力に欠けるので、納得がいかないのは残念。観客があの動画を観て惹かれるかどうかじゃなくて主人公の気持ちありきだからね。

それでも部分的にテンションを何とか持ち直して映画は進む、その中でも白眉はやはり『チ●コ』か。佐藤浩市が主人公の彼氏をボロクソに言って最終的に『彼氏はチ●コでかいのかよ!!』と連呼。結局言い返すことも出来ない主人公、という緊張感漂う場面。そして後からしっかりボクブリ姿で登場する彼氏を観て『やっぱりデカいんかい!』と心の中でで突っ込んだのは私だけではないはず。もう最終的にチ●コしか頭に残ってない…こたぁないですけど。

あまりにくだらなかったり、えげつない笑いを積極的に盛り込んだり、観客のツッコミを上からカバーする余裕とか、こういうとこクドカンはやっぱり上手いんだけど、欲張り過ぎたか。せっかく張った伏線も、笑いと一緒に拡散しすぎてしまうと後から回収しきれないというか、効力を無くすのは致命的だった。

俳優たちには何一つ落ち度は無いので、それだけでも観たい!ピエール瀧が出てきても『誰?あれ』と囁きが聞こえる、そんな篤姫効果に銀杏BOYZSAKEROCKなどの名演技も虚しく散らせるわけにはいかない!という人は目撃すべきかも。