稲妻落としだと「サインはV!」

ピアスの穴が塞がってしまいました。恋人が出来たら開けてもらおうと思います。そんな願望を誰か分析してください、しゃもじです。『GOEMON』まだ観てませんすみません。『グラン・トリノ』は観ました本当にありがとうございます。ホント、かわいいお爺ちゃんになったイーストウッドにラストたっぷり泣かされました。事情があってサボった『トワイライト〜はちゅこい〜』やすっかり忘れてた『ザ・バンク』などメモ程度に感想を書いておきたいけど、時間がなかなか許してくれない。

といいつつ、この間の深夜、映画『Laundry』が放送していたので、パソコンをいじる傍らワンセグで観ました。もちろん2001年の公開時に作品を知ってはいたけど、窪塚洋介小雪という大根コンビに「癒し」だの何だのというキャッチフレーズが宣伝で用いられた時点で、えっと、当時中学生の私は敬遠していたというか、絶対観ないと決め込んでいた作品だったけど、タダだし暇だし私も丸くなったし、ということで観た…ら、これがどうしようもない映画だったので思わず今ブログに書いてます。別に世間でクソクソと言われていればあえて書く必要もないんだけど、パッと見の評価は意外と高いから驚くわけで。作品の内容どうこうよりも窪塚の演技が厳しい。どこでどう間違ったか知らないけれど、『ピュア』は解釈を間違えるとただの『白痴』なってしまうという失敗例を全身で証明。というか実際、演技のハードルはかなり高いけれど、動きはともかく棒読みにしただけの台詞回しには無理がある。人をに彼の魅力はよく演技力はさておきの"雰囲気"や"空気"で語られることが多いし、彼の演技が好きな人には申し訳ないけど、この映画での演技は本当に観るに耐えない。その後もいわゆる思想系とされる作品によく出ていたけれど、あれこれあってとりあえず邦画業界は窪塚を必要としなくなってるよね。逆もいえるか。『ICHI』や『まぼたい』に関しては知らんけども。

そんな邦画の未来を担う若手俳優で今一番アツイ&重宝されている松山ケンイチも『カムイ外伝』での共演が小雪…彼女も演技力より"雰囲気"*1で語られる女優だと思うけど。私の中ではなんとなくいつも生理中で苛々してそうな人というイメージ。べっ、別に松ケンをたぶらかしたからって恨んでなんかないんだからねっ!『ラスト・ブラッド BLOOD THE LAST VAMPIRE』といい、アクション映画における活躍が目覚しいですね…ハイ。『カムイ外伝』にハナシを戻すと、伊藤英明も出演ときた。あ―いつになったら邦画界は伊藤英明を必要としなくなるんでしょうか。予告編*2観てもあまり期待できないなぁ。とにかく、どの俳優が必要とされなくなるか、そんな悲しい移り変わりにも注目したいですね。

♪今聴いている曲♪
Passion PitCuddle Fuddle
もうじきフルレングスが発売するとのコトで、ものすごい注目を浴びてるPassion Pit。日本のメディアもこの手の音楽に反応するのが早くなった気がする。この曲の歌詞ではグリム童話に登場する生娘のラプンツェルの名前と「髪をおろしておくれ」を連呼している。そういやラプンツェルって妊娠するんだっけ。とても好きです。早くアルバムが欲し―いな。

Chunk of Change

Chunk of Change

*1:演技力を補うだけの美人力というか

*2:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id332894/