『17 again』


17歳という年齢に私は一切の執着も淡い思い出も栄光の日々もないのだけど、きっと戻ることが出来ても同じように愚かな軌跡を辿るんだろうなということだけは保証できる。ザック・エフロン演じる主人公マイク・オドネルはバスケ選手でチームのエースとして活躍し、輝かしい未来が約束されていたにも関わらず、妊娠した彼女との愛を選ぶ。ほとんど高校時代の記憶が抜け落ちている私には、この映画の主人公には何のシンパシーも抱けないにしても、所謂イケメンでノリが良くモテそうなのにすぐに彼が嫌味のない『イイヤツ』だと分かるのは、本来ならチーム内でもいじめの標的になりそうなギークが親友だということが理由として大きい。

20年後、主人公はくたびれたマシュー・ペリーになる。まさかザック・エフロンがマシュー・ペリーになるなんてと信じがたい劣化を遂げているのだけど、「フレンズ」時代の栄光はいずこ、今は単なる中年男にしか見えないマシューが落ちぶれた実生活を反映させるように好演している。夫婦仲はすっかり冷め切り、年頃の子ども達からは全く相手にされず、仕事も上手くいかない主人公は離婚寸前の妻から家を追い出され、相変わらず仲良くしている親友ネッドの家に転がり込んでいた。ネッドを演じるのはコメディ映画好きにはおなじみのトーマス・レノン。

そしてある日突然、体だけが17歳に戻ってしまったマイクは親友の手助けで再び高校生になる決心をする。タイムトラベルではなく、自分だけが若くなるという設定が面白い。娘と息子がいる高校に入学し、娘の彼氏が暴君だということ、そいつに息子がいじめられていることを知ったマイクは華やかな高校生活を送るという当初の目的はさておき彼らを助けるために奮闘すると同時に、妻との関係の修復に奔走する。ブルース・ウィルスの『キッド』のように人生の成功を極めたときに過去を振り返り原点を取り戻すような作品はありそうななか、アイデア勝負で一風変わったコメディになっている。

所謂ティーン向け以上の見応えがあるのは、映画オタクのネッドと校長先生とのロマンスが幅広い映画ファンに受け入れられる笑いを提供してくれているからだろう。二人が始めて通じ合う瞬間は堪えきれずに爆笑!家の中にあるフィギュアなんかのインテリアもいちいち見逃せない。さらにティーン映画特有の痛々しさやむず痒さが無いのも、おっさんがそのままティーンになった場合に起こる周囲とのズレを表現するザックの軽妙な演技は単なるアイドル俳優以上と言えるし、ムードに浸り過ぎる直前で腰を折る演出が利いているからだと思う。むろんザックファンにはたまらないであろうサービスショットや当人にはなんてことのないダンスやバスケのシーンなんかもあるわけで、出番も奪われたマシュー・ペリーの悲壮感は一層引き立つ。とりあえず頑張れ…!!

17歳に戻るギミックが少々適当なため萎えるものの、ティーン娘に付き合った親までが楽しめる映画に仕上がっている点では文句なし。ちょっと日本で作ったらどうなるか考えてみたんだけど、アメリカの尻軽なティーンの節操の無さは日本人だと生々しすぎてやっぱ無理でした(笑) あの軽さは、お国柄。うん。

♪今聴いている曲♪
Base Ball Bear17歳
掛けてみた。…というか、寒い。こんなにもあけすけに「17歳」を歌うなんて、17歳だったら私はこんなの絶対聴いてない。私の17歳って、なんだったんだろう。本当に思い出せないんだよな。記憶に蓋をするほど、恥に満ちていたということでよろしいでしょうか。

十七歳

十七歳