偶然の内定者

更新が本当に滞ってます…未完成の下書きもUPする前に古くなってしまって、例えば14日放送のカンブリア宮殿の感想を時差ぼけ更新することも可能性としてはあります(汗) ようするにパソコンをつけなさ過ぎなんですね、アナログ人間です。御奉仕しないとコズミちゃん*1もヘソ曲げて、遊びまくってどっかからクラミジアみたいな性感染症コンピューターウイルスに感染しちゃうかも。というわけでノートン強化。別にアナログだからといって、ジェイソンに殺されるほどリア充な生活をしていると思ったら大間違いだぜお前ら!すっかりブログの書き方も忘れちまったヨ、全く…。

金曜日、内定者懇親会が開かれました。本当は一限終わった後に『サンシャイン・クリーニング』を観に渋谷に行こうと思ってたんだけど、図書館で試験勉強しているうちに寝てしまって起きたらそんな時間なくなってました。もう上映終わっちゃったよね…今月は『愛を読むひと』しか観てないので不完全燃焼。

といわけで(おそらく勤務地となる)日本橋に直行。懇親会と言っても少人数の夕食会といった感じで、お世話になった人事担当の女性と総務部の部長などと高級そうなイタリアンレストランに行きました。今年度の内定者は私を含めて3人。一人は最終選考時に『私もここに決める』と言っていた研究職の女の子で、5月末以来の再会でした。では仮にその子をHさんとします。私たちは1次募集で決定したのですが、会社側がどうしても男性が欲しいという理由で、めぼしい学生が見つかるまで3次募集まで開かれたようなのです。難航した選考で残った男の子とも、応接室で初対面。

が、どうも初めて会った気がしないんですよね。私が一番遅くに応接室に入ったのですが、談笑する二人に混じった途端Hさんが『ほら、面白いって言ってた子ですよ』と私を紹介。既に"面白い人"のレッテルが貼られて、初対面にも関わらずグッとハードルが高い位置に設定されたわけですが、どうもHさんは私が最終面接の直前に上がり気味だったHさんに対して『大丈夫、オードリーの春日みたいな態度をとらない限り、落とされやしないって』と彼女の緊張をほぐしたことが相当ツボっていたらしいです。Hさん、しゃもじはすっかりアナタが好きなりました。

おだてられると人一番頑張る私は"面白い人"に全力投球しましたが、やっぱり彼には見覚えがある。仮にO君とします。私はO君に『どっかでお会いしてません?』と聞くと「いや、そんなはずは」と笑って返すO君。じゃあやっぱり私の勘違いか…と、心に引っかかるものを抱えながら、社員さんたちが来るのを待っていました。

そして人事担当のJさんが入ってきて、私たちの会話に加わりました。すると突然『二人って地元一緒なんだよね?』と言ってきたんです。『え?』と顔を合わせる私とO君。
『学校は?』
「いや大学は違うよ」(あったりめーだこっちは女子大だぞ!笑)
『そうじゃなくて高校は?』
「○○高校です」

ほらやっぱり!!なんと、同級生でした。これには一同驚愕、するも私は絶対に見たことあると確信していたのが証明されただけでしたが、これは何だか不思議な偶然。だって凄くないですか?全国展開しているメーカーで、もちろん場所は地元じゃありません。応募者だってかなりの数です。最終内定者はたったの3人で、そのうち二人が同じ高校ですよ。いやぁ、これも何かの縁だね、と!

食事の方も楽しく進みました。さすがに高級すぎて、普通のイタ飯を想像していた貧乏人の胃袋を若干痛めつけるようなコース料理でしたが、オジサマ社員もフランクに会話して、和気藹々としたものでした。社会人になる不安が少し払拭されるような、仕事が楽しみになるような時間を過ごせたと思います。

帰りはもちろん同じ方角なのでO君と。そこでもオドロキの事実といいますか、音楽の趣味がドンピシャに合うことが判明!まず私と対等に音楽話に着いてこれるだけでも、かなりレアでコアなリスナーだと思うんだけど、どのアーティスト名を列挙しても話が弾む、弾む。O君も「こんなに音楽の話が合う人は初めて」だと興奮気味で、新橋から地元まであっという間に感じるほど会話に熱が籠もってました。何より辿った音楽経路が似てるのが嬉しい。今一番すきなのはUSインディらしいです。E.L.Oまで聴いてたとは泣けるね。サマソニは日程は違うけど行くらしい。2004年から行ってるとかツワモノです。そんなヤツが同じ学年にいたなんて!もっと早く知り合ってたら今頃マブダチになってたろうな。今まで私が参戦してきたライブも結構かぶってるんだよ。すげー、ほんとすげー。

今はまだ、永遠に繰り返されることの無い時間的に豊かな学生生活にこの身を浸らせていたいとは思うけど、来年からの生活も楽しみになってきました。早く来なくていいけど、迎え撃つ準備をしていたい。キャッホイ。

♪今聴いている曲♪
New Order 『Fine Time
最近New Orderばっか聴いてるなぁ。ほかにも聴いてるけどね。ちなみにO君も好きらしい。このアルバムは結構、派手な印象。にもかかわらず、ナイーブさを失わないのな。というわけで近頃、なぜか青春期のサウンドに回帰するワタシ。

*1:毎度おなじみ、愛用パソコン兼愛