少し臆病になってる

「焼きたてのクロワッサンみたいな匂いがするね」といわれるのが今年の目標ですが、方法が分からなくて模索中のしゃもじです・・・はい。本当にブログがある意味あるのかよっていう危機感を感じますが、読んでいただける方々が1人でもいれば頑張らなくてはならないと思っています。ポケモン良いですよ、楽しいですよ。ブログお休みしまくってすみません。意欲が色々と削がれているみたいで、これはPTAが危惧するゲームの及ぼす弊害うんぬんなんでしょうか…んなわけないか。そ、そこまで没頭しているわけではないのでご安心を。


ところで、遂にお財布を買い換えました。ボロボロだったんです…ファッション界のマツコ・デラックスことAnna Suiのがま口財布*1です。手の癖というのはあまり直らないものなので、今まで使っていた財布とあまり勝手が変わらないものにしました。Anna Suiにしようと思った理由はブランドが好きとかそういうのじゃなくて、この年齢で持つにはグッチのようなブランドに背伸びするよりも割と手ごろかなと思ったのと、他に良いものが無かったからです。でもAnna Suiのごてごてしたゴシック調の装飾や雰囲気はかなり苦手なのですが、意外にもシンプルで機能性に優れる財布は愛用出来そう。前の前に持っていたヴィヴィアン・ウェストウッドの財布が酷かったので良かったです。

購入は、先月末ずっと働いていた会社の研修で出たお給料から行ないました。twitterで少し触れましたが、研修と言っても私だけが他の同期と違うことをやっている状態で、すでに海外事業部への配属が決定しています。普通は4月になってから配属先が分かるので、早めに知っとけて良かったのかもしれませんけど、既にほんの少し荷が重い状態・・・英語力を生かせることは良いのですが、自分以外に英語が出来る人が日本に居ないという理由から(海外には居る)まだ自信が無い状態でポンポン仕事をやらされており、微妙に不安でした。でも海外の取引先向けの書類を作成したり、Excelで見積書作ったり、メールを翻訳したりするだけなんですけど。とりあえず、周りの先輩方が優しいので非常に働きやすい環境ではあるし。

しかしちょっとした問題が・・・会社に営業のIさんが居るんですけど、ずっと上司が彼をうちの部署に引き入れたがっているんですね。それは控えめな女性社員が多いうちの部署でどんどん海外を飛びまわれる人材が欲しい、若い男性社員のIさん入ってくれ!!というわけです。

上司のTさんに私も賛同して『そうですよね、海外に積極的に出て行ける人が居るといいですよね』と言ったら「そうそう・・・ってそれ君の役割だから!!」と乗りツッコミで返されました・・・あ、まじですかって話ですよね。出張くらいなら全然行くんだけど、Tさんみたいに普段はずっと中国にいて、年末にちょこっと戻ってとんぼ返りなんて生活は厳しいかもしれない。Tさんは会社は社長の息子さんで、20台半ば。1年ほど前までは某大手の金融マンだったのだけど、一念発起で出戻り。世襲というのを抜きに考えても、会社の跡継ぎになるんだろうな、という確信を抱かせる有望な方で。そんな人に「俺が君を立派な社会人にトレーニングしてあげるよ」と言われてビシビシ鍛えらてるわけですが・・・やっぱりこの流れで海外なのかぁぁ!!

どうでも良いけど、Tさんと性格や口調がかなり似ていることにも気付きました。思っても黙っていたのですが「似てるな」とご本人に言われてしまったので認めざるを得ません。Tさんの意見に賛同すると「良いね、分かってるね!!」『はい。こうお答えすれば部下として上司の受けがいいと思ったという打算もありますが。』「うん。それこそが社会人として成功する秘訣だ。もっと僕に媚を売りなさい。」『はい。ゴマすらせていただきます。』という息の合ったコンビネーションが繰り広げられます…。既にこんな調子で良いんでしょうか。

海外に行くとなったら覚悟を決めないとですが、まだ先のことだと思うのでゆっくり仕事も頑張りたいと思います。それ以上に最後の春休みを謳歌したいと思っていますよ。そ、卒業旅行とか行ってやるんだからね!!

*1:http://www.財布本舗.jp/annasui/ever/item/305911-26/こちらと同じ。