『ブラック・スワン』ただ完璧に踊りたかっただけなの


少し時間が経ってしまいましたが、「ブラック・スワン」先日観ました。映画を観たっていう満足感と奇妙な達成感、そして圧倒的な悲しみが同時に込み上げてきました。ナタリー・ポートマン演じる主人公は、完璧を追及な演技を目指すも、色気に欠けるバレリーナのニナ。演出家の可能性をルロワに見いだされ「白鳥の湖」の主役に抜擢されます。ビッグチャンスを掴むのですが、ルロワには「君にはブラック・スワンを踊るには色気が無さすぎる」「もっと官能的に」と吐き捨てられる練習の日々。純粋なホワイト・スワンなら完璧に演じられるのに・・・これは彼女にとって喜びと同時に苦しみの日々の幕開けでした。日常にちらつき始めるアルター・エゴの幻覚と恐怖、そして殻を破り切れない葛藤。ヴァージンをこじらせたことのない人にこの苦しみが分かるか!童貞ども、お前らだけが苦しんでいると思うなよ!

彼女を追い詰めるのは母親の歪んだ愛情。現代版「キャリー」を彷彿させます。母親は、自分が成し遂げなかった夢を娘に見ていたようでしたが、彼女が夢を掴んだ瞬間にドロリとした感情が画面いっぱいに広がっていきます。家に帰れば監視され続け、マスタベーションに浸ることすらも許されません。自傷の気があり、無意識に背中を掻き毟る癖があるニナを叱り、その爪を切ります。鋏で「ジャキン」という不穏な音を立てながら。もう見てるこっちは激痛ですよ。まるで、娘のすべてをコントロールするかのようです。次第にニナは狂気に囚われていきます。

そして忘れてはいけないのが、彼女のバレリーナとしての憧れだったベスを演じたウィノナ・ライダー。プリマの位置を、うら若いニナに奪われたウィノナが、彼女を泥棒猫!と罵らんばかりに迫る場面は、般若もかわいく見えるぐらい怖かった。ウィノナの紆余曲折の人生も全部呑み込んだ捨て身演技は「レスラー」のミッキー・ロークに通じるものがあり、アロノフスキーのお得意になるのかなとも。スネの傷さえも糧になる俳優は良いですね。自己破壊的な性格ゆえに登場場面は短いですが、インパクトは十分です。あれほど憧れていたベスの成れの果ては、ニナの精神をより一層不安定にしていきます。

でも、途中で思ったのですが、ベスも母も、親しげに近づいてくるリリーも、途中からは完全にニナの主観になっていきますね。ニナの目を通したそれぞれの女たちは皆、ニナの心を映す鏡となっていくわけです。記憶ベースですが、3人の女たちが身を包む衣装が全て黒かったことも、関係しているのかもしれません。コントラストを強く意識しています。鏡などを利用したアルター・エゴの表現方法は、ホラー映画によく見られるそれでしたが、華奢で無垢なニナを追い詰めるには十分過ぎました。とはいえ、もう少しオリジナリティが欲しいところ。既視感が拭えませんでした。

ラスト、ホワイト・スワンがブラック・スワンに完全に呑み込まれた瞬間「完璧」になることが出来ます。肉体も精神も解き放ち、誰にもコントロールされないニナの晴れ舞台は、悲劇的な幸福感に満たされていました。くそ、涙も出ねえ。

ここからは蛇足。レスラーもそうですが、バレリーナも自分の体を極限まで痛めつけているようです。そもそもスポーツは、肉体の破壊と再生(それはちょっとした筋肉痛でも)の繰り返しなのかもしれません。ダーレン・アロノフスキーは「レスラー」と「ブラック・スワン」で、二通りの『破壊を繰り返した肉体と精神の再生(もしくは昇華)』を描いていると思います。ようするにこの状態が、アロノフスキー的パーフェクト論なんでしょう。ナタリー・ポートマンは、そのルックスもさることながら、「クローサー」でも決死の(?)セクシー・シーンがバッサリと切られてしまって以来、アン・ハサウェイに先を越された「殻割りたがりお嬢様女優」のイメージが強かったので、30歳ジャストタイミンの作品でしたね。